2016年04月12日

ながら家路に着く



始めぱらぱらと降り始めた雨は、やがてドシャバシャと、本格的な夕立に変わった。
連日の真夏のような気候に油断して傘を持っていなかった人々が、一斉に小走りで商店街を駆け出し始める。 雨足は次第に強くなり、周囲の景色が白く煙り始めた。

小さな折り畳み傘では雨を防ぎきることが出来ず、僕は大勢の人に混じって、シャッターを下ろした商店の軒先に逃げ込んだ服務式住宅
僕の隣で、大して不満でもなさそうに、突然の夕立に文句を言う二人組のおばあさん。 ハンカチで服を拭くスーツ姿の女性。 自転車に乗ったまま空を見上げる少女。

僕はとりあえず煙草に火をつけて、雨の様子をうかがった。 ついさっきまで賑わっていた商店街も、途端に人通りが絶えた。 無人の商店街を快適そうに車が走り抜ける行銷策略
ぼおっと周囲を見ていると、傘を持っていない人が多い中で、濃い化粧をした女性は必ず傘を持っていることに気付く。 なるほど、と思う。

雨はしばらく止みそうにもないので、10メートルほど先のスーパーに走り込む。 野菜売り場のひんやりとした空気が、濡れた体に染み込む。 鮮魚コーナーで、刺身を見る。 迷った末に、生カツオにする。 ビールも買う。

店を出ても、雨は相変わらずで、僕は紙袋に入った本が濡れないように注意し。 雨が坂を川のように流れる。 絵に描いたような、典型的で圧倒的で妥協の無い夕立の中を歩いて、少し嬉しくなる失眠。 今日は、一年に一度の、「夕立激しく暴れ狂い放題の日」なのだ。  


Posted by 健康の微笑 at 11:48Comments(0)

2016年04月12日

味は思ったほ



「新品の屋台」という感じの店構えが、いかにも不味そうな雰囲気を醸し出していたので、立ち寄ろうとは思わなかったのだが、ふと店主の顔を見てみると、父親にそっくりだったので、純粋にびっくりした。
実の息子が言うのだから、本当にそっくりなのだ。 やや垂れ下がった眉毛や、髪の質・量・髪型、まぶたの少し余った感じ、頬の疲れ具合。 もしかしたら僕と血が繋がっているのかも知れない。と思わせるほど似ていた。

僕は来た道を5メートルほど引き返して屋台の前に立った。

醤油ラーメンを注文して、店主が作るのをじっと見ていたのだが、どこかいい加減で、雑な動きだった。 見るからにしてあまり美味そうではない。 しかも、ラーメンが出来上がって600円を受け取ると、セブンスターをくわえて、どこかに行ってしまった。

僕は少し気後れしながら無人の屋台でラーメンをすすった。 時折後ろを通り過ぎて行く人の視線が気になってしょうがなかった。 父親の顔に似ているからと信用した自分を恨んだ。
しかし、ど悪くなかった。 正統派の(極普通の)ラーメンで、ダシは上品な(やや薄い)味がした。 謎の白い調味料がやたらめったら入っていないのが救いだった。 醤油トンコツ系の店に多い、あの舌がピリピリする味には、我慢できないのだ。

どこからか店主が帰ってきて、僕が食べるのを何となく見ながら暇な様子で立っていた。 僕が店は忙しいのか尋ねると、「まぁ、この場所はまだ日が浅いからねぇ」という返事が返って来た。 しかし常連の客は何人かいるらしく、僕がラーメンを食べている間にも、クラクションを鳴らして店主と視線を交わして行くドライバーがいた。 店主が言うには、そのドライバーはどこかの社長で、車が大好きらしく、家に何億もするレーシングカーがあるらしい。 ラーメン屋の店主はその人の家に誘われて実際に見た、と言っていた。

もしかしたら虚言癖があるのかもしれない。と思いながら聞いていたのだが、何となく憎めないオヤジだった。

結局、店主の名前も出身も血液型も訊けずに、僕はその店を後にした。 もうその屋台に立ち寄ることはないかもしれない。 そう思うと少し惜しい気もする。 やっぱりもう一度立ち寄って名前だけでも訊くかもしれない。 訊かないかもしれない。  


Posted by 健康の微笑 at 11:45Comments(0)

2016年03月17日

がおかしい近年で


昨日は春のように暖かく、ワンズもひなたぼっこ三昧でしたが、一夜明けた今日は朝から雨、風も割に強く寒かったです。
そして今また雪が降り積もっています。
たいしたことはないですが、ウッドデッキ全体が雪で覆われています。
昨日とは打って変わり、ハクはコタツに入り浸りです。
凛太郎はハクほど入り浸っていませんが、2匹ともコタツに潜ることもあり、飼い主は足を伸ばせません。
TVニュースでは北海道に数年に一度の猛吹雪の恐れがあると報道されていました。
あちこちで警報が出ていますが、高島市は大雪,風雪,着雪注意報 [継続]雷注意報 が発令されています。
温度差が激しい今日このごろです。
それでも春が1歩ずつ近づいてきているとは思いますが、地球が病気?と思うほど天候す。
ちょっと前までは四季が確かにあった日本でしたのに、近頃では春から一足飛びに真夏の気温になり、夏は暑すぎ、熱中症というビョーキにかかる人が増え懷孕營養補充品、秋から冬は早くに寒くなったかと思ったら、今度は雪が降らない冬になるという我が家地域です。
いつもより多く降っている地域もあるようですが、今年の我が家地域はポッカリ空いた穴みたいに雪から逃れられています。
ラクといえばラクですが、なんだか変です。
寒暖差が激しすぎて、寒い日は外に出ないようになってしまいました。
明日は猛吹雪という予報も出ていますが、雪の多い地域は、どうか事故や被害など起こりませんように。
ではまた
読んでいただいてありがとうございました。  


Posted by 健康の微笑 at 13:15Comments(0)

2016年03月10日

雨風に、部屋


昨日、非公開にしたブログ記事、大正解だった。
といっても、非公開にしようが公開しようが結果は同じなのだが。
なにが大正解だったかというと、自分自身に向き合い、自問自答した結果、
対象に対してアクションを起こさず、それをじっと自分の中で抱え、爆発せずに持ちこたえたところ、
事態が想像していなかった意外な方向に、とても好転したのだ負離子直髮

窓がしなるほどの激しいで縮こまって、マイナスの気持ちを抑え、歯を食いしばって耐え、
嵐のあと、そっと窓からのぞいたところに、真っ青な晴れ間が見えたかの如く。
その部屋の中での心象をブログ記事に綴り、こころを落ち着かせていた香薰按摩
目をぎゅっとつぶって拳を握り締め、数を数えて、ハードな時間が過ぎ去るの我慢して待っていた。
(歯医者さんとか、胃カメラの前、こんなかんじです、わたし)

こころを落ち着かせていると、だんだん、次のものが見えてくる。
暗闇で目が慣れてくるように。
方向性が確認され、今は、我慢の時、待ちの時、と認識でき、バタバタせず、じっとする。
自分の目的は何なのか、現状はどうなっているのか、そのためにどうすればいいのか。
一時の感情で動いては、自分の目的が達成される邪魔になる。

自己否定と感じていたが、あれは自己否定なのではなく、自分を目的のために、一時、押し殺していたのだった。
精神的にパワフルで、考えがないと、感情に流されやすい。
「ひとつの作戦、試みは、成功した」と実感した兌換日元

なにごとも、持ちこたえることのできる体力、余裕が必要である。
それって、忍耐力と持続力、あきらめないこころ、なのかなあと。
かんたんにいうと、信念。自分のスタンス。
こういうふうにして、成功例や失敗例を積み重ね、
人の芯は、かたちとして肉付けされて形成されていくのだと感じた。

なので、折込広告チラシの裏でもなんでもいいから、自分の思い、考えを書いて、整理してみる。
ぎゅっと深く考えてみる。
書きなぐったチラシは、ゴミ箱に捨てるのもよし、古紙再生、紙ゴミの日に出すのもよし。  


Posted by 健康の微笑 at 15:06Comments(0)

2015年12月28日

覚悟はついていますか。


わたしという人間と向き合う覚悟はありますか。
喉元過ぎて、忘れてしまってやいないか。
わたしは、あなたがお手上げした人間で、あなたがhateした人物で、あなたがあなたの日々から排除した存在だよ。
忘れていませんか。
わたしは、外見があなた好みってだけで香檳、あなたの思うような都合のいい性格をしているわけじゃないんだよ。
むしろ真逆、わたしのことばはひとよりもトゲがある、わたしのあたまは恋愛脳、わたしの独占欲は人並み以上。
ちゃんとわかってますか。
そのへん、受け入れる覚悟をつけてきてるんですか。
そんなふうにはreenex 膠原自生、まったく感じられないのですが、杞憂ですか。
わたしは聞く、なんで?
あなたはこたえる、なんでってそうしたいから。
それは、答えになっていない。
あなたは、わたしのなかの人間性を受けとめる覚悟があるんですか。
そんなものうっちゃって、たださみしいから、あの日々を忘れてしまったからreenex 效果、あなたのなかで、なかったことになっていませんか。
わたしは、安心が欲しい。
あなたも、安心が欲しい。  


Posted by 健康の微笑 at 17:14Comments(0)